死別後,子連れ,再婚,子供の気持ち

  • 再婚に対する子供の心
  • 再婚に当たって子供との関わり
  • 戸籍や養子縁組をどうするかの選択

離別再婚より死別再婚が難しいと言われています。

死別後に再婚を考えた場合、一番壁になるのが子供の気持ちではないでしょうか。

そんな子供の心の揺れ動きと、戸籍など法的手続きについても詳しくお伝えしていきます。

再婚に対する子供の心

ペンギン

多感期のお子様は、再婚を受け止めるのが難しいと言われています。

難しい理由について確認していきましょう。

病気や事故など、思いもしないアクシデントで愛する人を亡くしてしまいました。

しかし、素敵な出逢いがあって、第二の人生をスタートしたいと思った時に、最も気になるのは子供の気持ちではないでしょうか。

子供がある程度の年齢、例えば成人していれば、親の事情を理解し応援してくれることも考えられます。

ところが、小学生や中学・高校といった多感期の場合は、なかなか受け入れられないのが現状です。

子供が再婚に反発する理由
  • 他界した親(父or母)以外認めない
  • 親(父or母)を取られる感覚
  • 友人などに知られたくない
  • 再婚相手と上手くやれるか自信がない
  • 引っ越しは嫌

やはり、自分の親は亡くなった親(父or母)だけで、代わりはいないという強い反発心があります。

また、親を結婚相手に奪われてしまうような錯覚を起こして、中には敵対心を持つお子さんもいるでしょう。

家族の中に他人が入ってくるのですから、当然上手くやれるか分からないと思ってしまいます。

また、多感期に多いのが友人に知られたくないという気持ちです。

どこか恥ずかしいと思うからでしょう。

中にはそれをからかう子供もいるので、イジメに発展しないよう注意が必要ですね。

後から詳しくご説明しますが、苗字が変わることに抵抗が強いので、お子様の意思を最優先にしたいものです。

仲の良い友達と離れたくないので、できれば引っ越ししたくないのが本音です。

子供の心は繊細です。

再婚に当たって子供との関わり

女性キャラ(笑顔)

再婚相手と子供との間には、見えない壁があります。

中には血の繋がった親子のように仲の良い方もいますが、一般的にはコミュニケーションをとるのが難しいでようです。

関りが難しい理由
  • 互いに遠慮がある
  • 結婚相手はどこか罪悪感がある
  • 反発している

子どもは大好きなお父さん又はお母さんを亡くしています。

深く心が傷ついていることを理解しましょう。

心の傷が癒され、現実と向き合えるまで再婚を待つのも方法です。

一緒に出掛けたり、沢山話をして少しづつ距離を縮めていきます。

そうしている内に、子供の方から心を開いてくれる時が来るかもしれません。

決して急がず、子供の心の成長を待ちましょう。

子供の心はデリケートです。

二重三重に苦痛を背負わせてはいけません。

死別再婚の場合は、ゆっくり時間をかけて子供の気持ちを見守りましょう。

戸籍や養子縁組をどうするかの選択

ペンギン

お子様の心の傷が十分に癒され、再婚相手の存在を認めた上で、再婚に賛成した場合についてお話ししていきます。

問題になるのは、戸籍をどうするかです。

現在の戸籍(男性の場合)
  • 筆頭者→自分
  • 氏→自分の氏

※子供も同じです

現在の戸籍(女性の場合)
  • 筆頭者→死亡した夫
  • 氏→死亡した夫の氏

※子供も同じです

例えば男性が妻と死別して再婚した場合、自分の氏も子供の氏も変わりません。

厄介なのは女性が夫と死別後、別の男性と再婚する場合です。

再婚後の戸籍(女性の場合)

筆頭者→再婚相手

氏→再婚相手の氏

ということになります。

問題は母親が再婚したとしても、手続きをしないと子供は元の戸籍に残ってしまいます。

元の戸籍(女性の場合)
  • 筆頭者→死亡した夫
  • 氏→死亡した夫の氏
  • 母親→除籍
  • 子供→死亡した父の氏

母親が再婚相手の戸籍に移ったからと言って、自動的に子供も再婚相手の戸籍には移れません。

では、どうしたら子供を再婚相手の戸籍に移せるのでしょうか?

管轄の家庭裁判所へ①「子の氏の変更許可」を申立てし、許可の審判書を持って最寄りの役所で②「入籍届」を申請して、初めて再婚相手の戸籍に移れることになります。

子供が15歳未満の場合は、親が法定代理人として申立てします。

再婚相手の戸籍に入るという事は、子供の氏が変わるという事です。

子供にしたら氏が変わることに抵抗を感じるかもしれません。幼児や小学校低学年位なら余り影響がないかもしれませんが、それ以上の年齢の場合は、子供の希望をよく聞いて、じっくり話し合うことをオススメします。

養子縁組の問題

女性キャラ(笑顔)

「子の氏の変更許可」を家庭裁判所に申立てして、再婚相手や母親と同じ氏を名乗ることになったとします。

しかし実際には、法的に再婚相手とは親子関係になっていません。

親子関係を発生させるには、役所に「養子縁組届」を提出する必要があります。

(※「養子縁組届」は家庭裁判所の許可は不要)提出すると以下のようになります。

  • 戸籍の続柄が「養子」「養女」と記載される
  • 再婚相手は子供の扶養義務が生じる
  • 子供は再婚相手の扶養義務が生じる(将来)
  • 再婚相手の法廷相続人になる

養子縁組すると、より親子間の絆が強くなりますね。

扶養親族になる?

女性キャラ(笑顔)

もし子供が今までの氏を名乗りたいと希望したとします。

その場合、先程もお話ししたように、子供だけが死亡した夫の戸籍に残っている状態になります。

しかし、住民票は戸籍と異なり、同じ世帯として生計を共にする者が基準になっています。

よって、再婚相手が世帯主になり、氏の違う子供も世帯の一員になれます。

氏は違っていても、配偶者の子は1親等の姻族に該当して、扶養親族になります。

このように、戸籍と住民票は別になります。

ペンギン

分かりにくいので、これまでお伝えしてきた戸籍について、もう一度まとめでみましょう。

再婚する場合の子供の戸籍には、3つの選択肢があります。

  1. 子供の氏はそのまま。養子縁組なし。
  2. 再婚相手の氏に変更。養子縁組なし。
  3. 「養子縁組届」を申請。法的に親子になる。

※「養子縁組届」を提出すると、自動的に子供の氏も変更になります。

乳幼児は別としても、氏や養子縁組について、子供とじっくり話し合って決める必要がありそうですね。子供の気持ちを優先的に考え、再婚相手と子供とが良好な関係を築けるように橋渡しして、本物の親子関係に近づくようにしたいものです。

再婚やシングルマザー・シングルファーザーならではの悩みについては、こちらのブログ記事もチェックして見てください。

>>死別後の恋愛や再婚について!死に別れから再婚までの期間は?

>>死別後の子連れでの再婚は難しい?子供の気持ちはどうすべき?

>>死別後の新たな恋愛や再婚!出会い&相手に求めるポイントは?

>>死別したシングルマザーの恋愛は難しい?再婚したキッカケ5選

>>未婚シングルマザーの恋愛!子供への影響&彼氏への配慮

>>シングルファザーとシングルマザーの恋愛!出会い&再婚のキッカケ

>>女性の再婚禁止期間が100日の理由は?再婚後の妊娠に注意!

>>バツイチ・子持ちでも再婚するには?出会いや婚活のコツ5選