結婚,挨拶,同僚

  • 同僚への結婚報告のタイミングは?
  • 上司への結婚報告のタイミングは?
  • どんな挨拶をすればいい?
  • 結婚報告の体験談が気になる!

両親以外への結婚の報告でも、はがき・年賀状・メールを送れば済む間柄ばかりではありません。

職場の上司や同僚には、時期をみて事前に報告する必要があります。

もちろん友達や親戚にも、結婚式に招待するかどうかで報告方法が異なります。

そこで今回は、結婚報告をするタイミングや伝え方の文例をご紹介します。

1.結婚報告のタイミング

社会人として結婚報告を行なうには、ちょうどよいタイミングとマナーがあります。

職場へ報告するタイミング

結婚はとても個人的なことです。

しかし、「いつ結婚をしようと自由。わざわざ会社や職場に報告する必要がない」と考えるのは、ちょっと違うかもしれません。

なぜなら、社員の結婚は会社や職場に少なからず影響を与えるものだからです。

例えば、新婚旅行での長期休暇を取る場合、その間の担当業務は他の人が代わりに行ってくれるはず。

それを考慮すると、少なくとも3ヶ月前-4ヶ月前までには、結婚報告を行なうことが望ましいでしょう。

もっとも、職場によってはいろいろと状況が異なる場合があるので、かならず社員規則を確認しておきましょう。

入籍に伴う会社への手続き

  • 扶養家族手当や住宅手当など、福利厚生の手続き
  • 公的書類の手続き

以上の手続きを会社を通して行なう場合が多くあり、処理を行う担当者に知らせる必要があります。

結婚、出産による休職・退職

  • 妊娠による休職
  • 出産による休職
  • 結婚や妊娠・出産に伴う退職

上記の休退職は所属する職場の他の社員や担当業務への影響を考えるものです。

職場結婚をしたカップルの場合

  • どちらか一方の異動や配置転換
  • どちらか一方の転勤
  • どちらか一方の退職

上記の社員規則が定められている職場もあるようです。

職場への報告の順番

社会人として守るべきは報告の順番です。

結婚報告の優先順位

  • 1.直属の上司
  • 2.指示によっては上長への報告(上司が行なう場合もあります)
  • 3.指示によっては職場への一斉報告(先輩から順番に報告してまわる場合もあります)
  • 4.職場の同僚・友人への報告

絶対に避けなくてはならないのは、うれしさのあまり、仲の良い同僚や友人に話してしまったことが、自分が報告する前に風のうわさで上司の耳に入ってしまうことです。

上司は部下の動向を知る義務がありますが、自分が最後に知ることになってはメンツが丸つぶれになってしまいます。

結婚後もそのまま働くつもりならば、なおさら、結婚報告は必ず上司から伝えましょうね。

体験談
「式場を決定した時点で報告」
■直属の上司には、式場を決定した時点でお話をした。パートナーの職業上、自分が休みを取る事も必要になる予定だった為。(30代前半女性)

体験談
「入籍日が決定した時点で報告」
■入籍日が決まった段階で報告。直属の上司に相談し、ミーティングで全体へ発表になった。
「式は、身内だけで簡単な食事会のようなものとして行う予定です」と伝える。(20代後半女性)

体験談
「退職予定の3ヶ月前に報告」
■社内恋愛で、自分は結婚を機に退職する予定だったので、退職予定の3ヶ月前に、退職の意思と共に結婚の報告も直属の上司に報告。
同僚への結婚報告は、仕事の引継ぎが始まる時に上司がしてくれました。(30代後半女性)

体験談
「寿退社予定の半年前に報告」
■寿退社だったので、辞める半年前に部署の一番上の上司に伝えましたて。
それから、上司から同僚などに結婚の意向を伝えていただきました。(20代後半女性)

体験談
「ふたりそろって上司に報告」
■まず初めに仕事終わりに上司に時間をもらって、ふたりそろって上司に報告しました。
職場のみんなには忘年会の時の乾杯のあいさつの時に報告しました。(30代後半男性)

体験談
「妊娠がわかり、職場の気遣いにより退職。」
■入籍の1ヶ月前に報告しました。
その後妊娠しているのも解り仕事上、妊婦では危険なこともあり(そのころ従業員が立て続けに流産していたので)オーナーの気遣いで退社させていただくことになりました。(30代前半女性)

同僚や友人、親戚へ

職場の同僚や友人

会社や職場の上司へ報告を無事に済ませたら、親しい同僚や友人に結婚報告をしましょう。

式場が決まり、おおよその招待客リストを作成する挙式前3-4ヶ月前に結婚報告するのがよいかもしれません。

最近は職場の上司は結婚式に招待しないけれど、同僚や友達など、親しい間柄の人々は招待する、というカップルが増えています。

職場の同僚や友人を全員招待するならば問題ないのですが、招待する同僚・友人と招待しない同僚・友人がいる場合は、配慮が必要です。

招待する同僚や友人には、正式な招待状を作成する前の段階で、予定をあけてもらうよう、それとなく頼んでおきましょう。

親戚関係

親戚への報告は、主に両親から伝えてもらうパターンがほとんどかもしれません。

できれば電話でもよいので、直接自分から結婚報告の連絡をしましょう。

これから家庭を築こうとする一人前の人間として、好ましく思われるものです。

親戚においても、結婚式に招待するかどうか、ということも関わってくるので、挙式前3-4ヶ月前に結婚報告するのがよいでしょう。

体験談
「両親への結婚挨拶の直後に報告」
■両親への結婚の挨拶が終わってから仲のいい友人達と会う機会があったので、そこで報告しました。
会うことができなかった友人達にはメールでの報告になってしまった。(20代後半女性)

体験談
「食事に誘って報告」
■仲のいい友人には直接報告したいと思ったので、食事の誘いをして直接話をしました。
その後、メールで改めて日時を記載し、お知らせしました。
招待できない方には、披露宴は互いの親族と一部の友人のみということを伝え、メールで感謝の御礼をしました。(20代後半女性)

体験談
「招待する親戚を決めてから報告」
■仲の良い友達にはすぐに言った。
式に招待するかどうかの人にはまず、結婚式に招待する親戚の人数がどうなりそうかある程度分かってから、呼ぶ人を決めた。
二次会も行う予定だったので、式に呼べなかった人はそちらに誘った。(20代後半男性)

体験談
「会社関係は招待せず、親戚重視で報告」
■上司へは、時間をもらって報告したまでで、結婚式へは会社関係者を招待しませんでした。
会社関係者の呼ぶ呼ばないの苦労をするより、親戚を大切にしたいと考えためです。(40代前半男性)

2.結婚報告の伝え方

結婚報告は、伝える相手や結婚式に招待するかどうかによっても、伝え方が変わってきます。

職場の上司へ

職場の上司は忙しいもの。必要な内容を簡潔に伝えることが好まれます。
また、相手を結婚式に招待するかどうかでも伝え方が変わってくるでしょう。

伝えるべき内容

結婚を報告するにあたって、職場の上司が最も知りたいことは、「(結婚する)本人は結婚後も働く意思があるかどうか」という点にあるでしょう。

女性が結婚する場合は、将来的に出産を希望しているかどうか、ということも上司は確認したいかもしれません。

結婚の報告をする際には、自分から、結婚後の就業の意思と妊娠・出産への希望などを伝えられるとよいですね。

また、結婚相手の職業・職種によっては転勤の可能性が高く、そのうち転居を余儀なくされるかもしれません。

パートナーの業務内容によって、自分の異動・転勤、または退職を申し出なければならない可能性があることを、結婚相手のプロフィールを紹介する際にあわせて伝えてもよいかもしれません。

タイミングとしては、忙しい時間を避け「少しお時間をいただけますか?」と確認したうえで報告をしましょう。

運良く業務計画や面談の時期と重なった場合には、そのときを逃さずに報告すれば、会社にとっても自分にとっても好都合です。

もちろん、職場や雇用形態によって様々な対応となるので、社員規則や契約状況などをしっかり調べ、誰に報告することが最もよいのかをよく考えたうえ、落ち着いて報告しましょう。

結婚式に招待する場合

結婚式に招待する上司には、予定をあけておいてもらう必要があるので、結婚の報告とともに、式場と日時をあわせて伝えることできるとスムーズです。

さらに、スピーチを頼みたいと考えている上司には、結婚する相手のプロフィールを簡単でよいので紹介しておきましょう。

そして、同じ職場から他に誰を招待するか、ということも耳に入れておくとよいでしょう。

体験談
「転職時に結婚予定を伝えておいた」
■転職の面接時に結婚予定だと伝えていたので、職場全員が周知しています。
招待に関しては悩み中です。(20代後半女性)

体験談
「すでに退職していたので、気軽に報告、招待した」
■結婚式への招待は、基本的に退職した後にしたので、プライベートでも仲良くさせてもらっていた上司や同僚に直接声かけをさせていただきました。
すでに退職していたため、招待するゲストの人選や報告は比較的気楽に出来たと思います。(30代前半女性)

体験談
「順番に配慮して報告した」
■結婚が決まった時点で、上長に報告しました。休憩中にお時間を少し頂き話した。
仲のいい先輩などに早く伝えたい気持ちもありましたが、上司への報告が優先!順番には配慮しました。(20代前半女性)

結婚式に招待しない場合

職場の上司側でも、結婚報告=(イコール)結婚式招待と受け止める人は少なくなっています。

それでも、

「身内だけで行うことにしたため、どなたもご招待しない予定です」

という言い方が、もっとも角が立たずによいでしょう。

体験談
「打ち合わせの際に報告」
■職場へは、係内での打ち合わせ時に伝えた。
身内だけの結婚式ということで招待しなかった。(30代後半男性)

体験談
「報告のはがきとお礼の品を贈った」
■職場を離れなければいけなかったので、退職予定の半年前くらいには上司に伝えていました。
小さい職場なので特に伝える順番などはなく一斉に伝わった感じです。
式には招待しなかったので報告はがきと退職時にお礼の品を贈りました。(30代前半女性)

同僚、友人、親戚へ

ここで問題となるのは、報告する相手が親しい関係であればあるほど、「結婚報告を受けた=結婚式に招待されるかも」という期待を抱きがち、ということです。

そのため、メールやSNSによって一斉に結婚報告をする方法がありますが「結婚するよ!」などとあまりに気軽に報告しないほうがよいでしょう。

結婚式に招待する場合

招待する同僚や友人、親戚には、結婚式に出席してほしい旨を式場の日程とあわせて伝えます。

その際「後日正式に招待状を送るけれども予定をあけておいてほしい」とお願いします。

直接会って伝えるのが丁寧ですが、結婚準備で忙しい頃でもあるので電話で済ませてもよいでしょう。

気を遣うべきは、同じ職場やグループ内で、招待しない同僚・友人がいる場合です。

この場合は、明らかに全員が納得できる線引きをしたうえで、招待する側の同僚・友人には「招待したのは○○さんと○○さんで、他の方はお呼びできなかった」ということを事前に伝え、不用意に口外しないようにやんわりと頼んでおきましょう。

報告を伝えるようにしましょう。

体験談
「会う予定の日に報告」
■「結婚式に招待する友人にはちょうど会う予定にしていた日に伝えました。
年末で同窓会があったので、同級生にはその場で報告しました。(20代後半女性)

体験談
「直接電話で報告」
■招待客のめどがたった頃に招待する友人には直接電話をして報告した。(30前半女性)

結婚式に招待しない場合

結婚式に招待しない同僚・友人への結婚報告では、あえて会う機会を設ける必要はないかもしれません。

最も角が立たない結婚報告の伝え方は、

「身内だけで結婚式を行なうことにしたので、ご招待はできない」

という言いまわしのようです。

結婚式には招待できないけれど、二次会には出席してほしいという場合は、そのことを結婚の報告とともに伝えましょう。

できれば会って報告できるとよいのですが、メールや二次会の招待状で済ませてもよいかもしれません。

その場合でも、あまり直前に知らせるのでは先方のスケジュールの都合がつきません。

招待する同僚・友人たちと同じ頃に伝えることができるとよいですね。

親戚には、たいてい両親を通じて結婚の報告がされる場合が多いようです。

親戚の数が多い場合は、招待する親戚と招待しない親戚の線引きに気を遣うことがあるかもしれません。

人数の関係でお呼びできなかったことを率直に謝って、誠意をもって結婚報告をしましょう。

体験談
「同窓会で報告」
■式に招待しない場合は、二次会するからもし予定あいてたらきてねと軽く声をかけました。(20代後半女性)

体験談
「招待しなかった人には結婚報告はがきを送付」
■過去に挙式披露宴に呼ばれていても、今後あまり仲良くしたくない人は割り切って呼びませんでした。
式に招待しない人には結婚報告はがきを送りました。(30代前半女性)

体験談
「少し時間がたってから報告した」
■基本的に式に招待しない方へは、結婚の報告は少し時間がたってからし、式の日程などはあえて伝えることはしませんでした。(20代前半女性)

3.結婚報告の文例

さて、実際にはどのような言葉で結婚報告をすればよいのでしょうか?

次にご紹介するのはトークにも手紙にも応用できる基本的なパターンです。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

職場の上司へ

結婚式に招待する場合

このたび、結婚することになりました。
相手の方は、△○会社に勤務している30歳の方で、お名前は山田太郎さんです。

つきましては、部長には結婚式にご出席いただきたいと思っております。
日程は○月○日に☆☆ホテルで挙式の予定です。

また、披露宴ではスピーチをお願いできますでしょうか?

結婚後のことですが、引き続き勤務させていただきたく存じます。
なお、新婚旅行のために休暇を頂戴したいと思っております。

みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解いただけましたら幸いです。

結婚式に招待しない場合

このたび、結婚することになりました。
相手の方は、△○会社に勤務している30歳、山田太郎さんという方です。

結婚式は○月○日に家族のみで海外での挙式の予定のため、職場のみなさまにはあらためてご挨拶をさせていただければと考えております。

なお、勝手ながら、挙式後引き続きまして新婚旅行のための休暇を頂戴したいのですが、ご承認いただけましたら幸いです。

結婚後につきましては、引き続き勤務させていただきたく、今後とも一層仕事に励みたいと思います。

同僚、友人、親戚へ

結婚式に招待する場合

今年の5月に結婚することになりました。

お相手は、みなさんご存じの、かねてよりお付き合いしていた山田太郎さんです。

そして、結婚式の予定が決まって、○月△日になりました。
ぜひ出席していただきたいと思っています。

後日、正式に招待状をお送りします。
お忙しいとは思いますが、予定をあけておいてくださいね。

結婚式に招待しない場合

今年の6月に結婚することになりました。

お相手は、○○で知り合った△☆会社の山田太郎さんという方です。

結婚式は○月△日の予定なのだけれど、親族だけで行なうことになったので、みなさんをお呼びできなくて残念です。

でも、あらためて二次会を行なおうと考えています。

ただいま計画中なので、詳しいことは近くあらためてメールでお知らせさせていただきますね。

よろしくお願いします!

ウェディング関連では、こちらのブログ記事も参考にしてください。

>>楽天ウェディングの口コミ&評判!2ch評価・体験談まとめ

>>マイナビウェディングの口コミ&評判!サロン情報・2ch評価

>>Hanayume(ハナユメ)の口コミ・評判!結婚式場探し&フォトウェディング

>>ママ婚の口コミ&評判!マタニティウェディング・妊娠後の結婚式

>>ウェディングプランナースクール・Claris(クラリス)の口コミ&評判

結婚までにやっておくべきこと

結婚前には分からなかった婚約者の身辺の事、その家族や親戚筋の問題点が結婚してから初めて分かる事も多々あります。

幸せで何も心配のない結婚をする為にも、少しでも気になることがある場合は「結婚前の身元調査」はとても大切になってきますから、調査を依頼する価値は充分にあります。

調査できる内容
  • 世帯状況
  • 婚姻・離婚の履歴
  • 勤務先
  • 職業の履歴、学歴
  • 資産・預金状況
  • 実家の住所

以下のような状況があなた自身に当てはまるのであれば、結婚調査をする意義は大いにあります。

結婚調査が向いている状況
  • 現在お付き合いをしている彼氏・彼女の素性がわからない
  • 結婚予定の相手の実家になんらかの疑問点があるが、聞けない
  • 相手のことをよく知っているが、兄弟や両親のことがわからない
  • 転職が多いが、どういった経緯で転職しているのか知りたい

結婚調査ならFUJIリサーチがオススメ!

探偵社FUJIリサーチ

>>浮気調査・素行調査はFUJIリサーチへ

FUJIリサーチはメールフォームから24時間無料で相談を受けてもらうことができ、年中無休で即日対応を受けられます。

さらに、何よりも全国どこへでも無料で出張相談に来てもらうこともできます。

調査依頼をするということは、あなた自身には自由になる時間がないという状況が考えられます。

ですから全国のどこにお住まいであった場合にも、ぜひ気軽にFUJIリサーチに無料相談をしてみることをオススメします。

FUJIリサーチならではの特長・メリットや口コミなどについてはこちらのブログ記事を参考にしてください。

>>結婚調査の費用&内容はどこまで?FUJIリサーチの口コミ・評判

結婚するならブライダルサロンで相談!

今回のブログ記事では職場恋愛のメリット・デメリット 成功させるコツについてお伝えしてきました。
女性キャラ(笑顔)

恋愛がうまくいって、彼氏・彼女への愛情がより一層深まってくれば、結婚を意識し始めてくるはずです。

しかしながら、結婚するとなると結婚式場やウェディングドレス選びなどなど結婚式の準備に向けてやらなければならないことは数え切れません。

時間に余裕があるのであれば、自力かつあなたのペースで進めていくこともできますが、職場恋愛をしているカップルであれば時間を作ることは難しいはずです。

そんな時にはブライダルサロンで結婚に関連する悩み・疑問点をまとめて解決してしまうことをお勧めします。

結婚すれば結婚式だけでなく、一生に一度の思い出として新婚旅行に出かけたりするかもしれませんし、海外リゾートで結婚式を挙げるかもしれません。

それに、結婚してから一生身につけていく結婚指輪にもオーダーメイドなどのこだわりを持ちたいですよね。

ブライダルサロンに相談すれば、こうした様々な要望・相談をひとつの窓口で一括して担当してもらえます。

あなたがいろいろなサービスを見比べることなく、ニーズにあったサービス・商品を紹介してもらえますからとても便利です。

ブライダルサロンとしては、マイナビウェディングや楽天ウェディング、できちゃった婚専用のママ婚ウェディングなど数多くあります。

ぜひブライダルサロンを活用しながら、一生の思い出となる結婚式の準備を進めていきましょう。

マイナビウエディング

>>結婚式場探しならマイナビウエディング

女性キャラ(笑顔)

マイナビウェディングであれば結婚式場探しだけでなく、ウェディングドレス・結婚指輪から結婚式の2次会などのプランニングまで一括で任せてしまうことができます。

結婚は人生の大きなターニングポイントですから、転職や転居など結婚式の企画以外にも同時にやらなければならないことが数多く出てきます。

そんな時こそ、結婚に関わるすべての悩み・決めるべき内容をまとめてサポートしてもらえるマイナビウェディングをぜひ活用していきましょう。

こちらではマイナビウェディングを体験した方々からの口コミ・評判を紹介しています。

>>マイナビウェディングの口コミ&評判!サロン情報・2ch評価

もしくは、長い間交際していたり同棲までしていても いつまでも結婚してくれない彼氏に悩んでいるかもしれませんね。

そんな時には、以下のブログ記事を参考にしてみてください。

>>結婚してくれない彼氏とは別れるべき?結婚すると愛情が冷める?

>>同棲しても結婚しない彼氏の理由とは?同棲と結婚の違い