職場,恋愛,結婚,報告

  • プロポーズから結婚式までどのくらいの期間?
  • 結婚式には誰を呼べばいいの?
  • 職場へはどのタイミングで結婚報告をすればいいの?

大好きなパートナーからのプロポーズを受けて、幸せいっぱいの時期。

ゼクシィを買って読みながら、ふと湧き出てくる疑問の数々。以下の回答を見ながら、二人にふさわしい結婚式を叶えてください。

プロポーズから実際の結婚まで、実は期間は人それぞれ。決まった「婚約期間」というものはないため、どの段階で結婚報告をすべきか迷うことがあるのです。

両親や兄弟、親友にはプロポ―ズがあったことを知らせ、ゆくゆくは結婚するという人生プランを話しておく人が多いでしょう。

女性キャラ(笑顔)

しかし職場にはいつ結婚報告をすればいいのでしょうか。

また、結婚式や披露宴を開くとき、全然親しくもない上司も呼ぶべきなのでしょうか。

職場においての結婚報告や上司への気遣いについて、現代の習慣を見ながら一緒に考えていきましょう。

プロポーズから結婚式までの大まかなスケジュールを立てよう

まずプロポーズを受けて結婚することが決まったら、決めることがいくつかあります。

  • 実際に婚姻届を役所に持って行く日
  • 結婚式をするかどうか
  • 結婚式をする場合、どの程度の規模にするのか
  • 結婚後の仕事をどうするか
  • 新居をどこにするか

などなど、二人で決めていくことがたくさんあります。

さらには子どもをすぐに作るかなど、今後続く未来について二人でじっくりと話し合って決めてほしいと思います。

結婚式をする場合に決めること

さて、結婚式をすると決めた場合、さらに細かく決めごとをしなくてはなりません。

  • いつするか
  • どこでするか
  • どの程度の規模でするか

この場合、結婚式の規模によって、それにかかる費用が大きく変わってきます。

世の中には「結婚式の費用を貯めている途中」というカップルも多く見かけるでしょう。

結婚することは決まっていても、結婚式の費用がないため1年間かけて二人で貯蓄するというカップルも多数いるのです。

この場合、あまりに早い段階で職場に報告ない方がいいでしょう。

1年後に「まだ結婚してないの?何してるの?」となってしまいますからね。

職場への結婚報告のタイミング

つまり、結婚式をする場合には、挙式の日にちが決まった時に、結婚報告とともに職場に報告することが一番スマートです。

女性キャラ(グッド!)

友達や親せきに結婚式の招待状を送るタイミングで、周囲の人にも報告することが一般的と言えます。

人気の結婚式場では、半年前から予約をしなくてはいけないケースもあるため、周囲への報告時期はカップルによってばらつきがあります。

早くて結婚式の半年前、最低でも1か月前には告知しておけば、新生活にもスマートに移行できるでしょう。

また、結婚を機に女性が「寿退社」するケースもありますよね。

その場合は、仕事の引継ぎなどしなくてはならないため、わかる限り早めに報告することをおススメします。

大体離職する2~3か月前に報告することで、周囲の人間もスムーズに仕事の引継ぎが行えるでしょう。

結婚式に呼ぶ人

結婚式を挙げることが決まったら、式場のスタッフのアドバイスに沿って、式に関するあらゆることを決めていきます。

結婚式の規模にもよりますが、披露宴には多くの人を呼ぶことになるでしょう。

  • 仲のいい親友
  • 双方の両親
  • 親戚一同
  • かつての同級生
  • 若かりし日の恩師たち

核家族化が進んだ現代では、昔と違い、めったに会わない親戚をまねく人は少ないかもしれません。

新郎新婦の「実際に仲のいい人」で席が埋まる結婚式もあるでしょうね。

式を簡潔に神前で済ませ、披露宴にお金をかけて豪華にする人もいます。

誰を読んでだれを呼ばないという選択に細かい決まりはなく、新郎新婦の決断で決めていいのです。

そもそも「結婚式」は何のために挙げるの?

ここまで書いてしまうと、自分たちのための「結婚式」であると誤解されそうなので、ここで結婚式に関する大切なことを一つ書いておきます。

結婚式とは、新郎新婦のためのものではありません。結婚式は新郎新婦がお世話になった人に「感謝の気持ちを伝える場」なのです。

「あなた方の支えのおかげで、こうして無事に伴侶を見つけることができました。

幸せになっていくことこそ恩返しだと思い、結婚生活を始めていきます」という様にです。

国や地方、時代によっても結婚式の解釈は異なります。

しかし「感謝の気持ちを伝える場」であることは、多くのケースが当てはまることでしょう。

更に「結婚して幸せのおすそ分け」という意味も含まれていることが多いです。

幸せはみんなで分かち合おうと、みんなで集まって二人の門出を祝うのです。

ここまで読んでいただければ、結婚式にだれを呼ぶべきか。

誰を呼ばないべきかは自ずとわかってくるでしょう。

古くからある日本の慣習に従って、子どもの頃一回会ったきりの親せきを招くことも、選択肢としてはあります。

しかし身近で自分の成長を助け支えて見守ってくれた人こそ、結婚式に招きたい一番の存在ではないでしょうか。

職場の上司を結婚式に呼ぶのは「礼儀」?

さて、職場の上司を結婚式に呼ぶべきかお悩みの方のために、今一度一緒に考えてみましょう。

  • 結婚式はお世話になった人たちへの「感謝」を伝える場である
  • 結婚式に呼ぶ人は、新郎新婦二人で決めてもいい

あなたは現在職場の上司と、どのような関係にあるのでしょうか。

仲がいいとかよく一緒に飲みに行くとか、仕事のミスはとことんまでフォローしてくれるとか、「自分にとってかけがえのない上司である」と感じている場合、その上司を結婚式に呼ぶのは「礼儀」です。

今のあなたがあるのは、その上司のおかげでもあるのですから。

一方で、ほとんど仕事上で関わることはなく、顔見知りではあるけど、話したこともあまりない。

新年会や忘年会では飲み代を多めに出してもらってはいるようだけど、一緒に語って盛り上がることはない。

そもそもうちの上司、私のことを知っているの?私の仕事ぶりを見ているの?と感じるような遠い存在ならば、結婚の報告のみでいいと考えられます。

よく知りもしない部下の結婚式など、その上司だって行きにくいと感じるでしょうから。

ここまでのまとめ

それでは今回のまとめです。

職場への結婚報告は、結婚式場が決まって日にちが確定してから、式の1か月前くらいまでにすることが無難でしょう。

寿退社を予定しているのならば、仕事に支障のない程度に、なるべく早めに報告すべきです。

そして結婚式に上司を呼ぶべきかどうかという問題。

答えは、「日頃の感謝の気持ちを伝えたいと願う上司であれば、呼ぶのが礼儀」です。

参考にしつつ、二人の未来を幸せに彩ってくださいね。

ウェディング関連では、こちらのブログ記事も参考にしてください。

>>楽天ウェディングの口コミ&評判!2ch評価・体験談まとめ

>>マイナビウェディングの口コミ&評判!サロン情報・2ch評価

>>Hanayume(ハナユメ)の口コミ・評判!結婚式場探し&フォトウェディング

>>ママ婚の口コミ&評判!マタニティウェディング・妊娠後の結婚式

>>ウェディングプランナースクール・Claris(クラリス)の口コミ&評判

さらに結婚までにやっておくべきこと

結婚前には分からなかった婚約者の身辺の事、その家族や親戚筋の問題点が結婚してから初めて分かる事も多々あります。

幸せで何も心配のない結婚をする為にも、少しでも気になることがある場合は「結婚前の身元調査」はとても大切になってきますから、調査を依頼する価値は充分にあります。

調査できる内容
  • 世帯状況
  • 婚姻・離婚の履歴
  • 勤務先
  • 職業の履歴、学歴
  • 資産・預金状況
  • 実家の住所

以下のような状況があなた自身に当てはまるのであれば、結婚調査をする意義は大いにあります。

結婚調査が向いている状況
  • 現在お付き合いをしている彼氏・彼女の素性がわからない
  • 結婚予定の相手の実家になんらかの疑問点があるが、聞けない
  • 相手のことをよく知っているが、兄弟や両親のことがわからない
  • 転職が多いが、どういった経緯で転職しているのか知りたい

結婚調査ならFUJIリサーチがオススメ!

探偵社FUJIリサーチ

>>浮気調査・素行調査はFUJIリサーチへ

FUJIリサーチはメールフォームから24時間無料で相談を受けてもらうことができ、年中無休で即日対応を受けられます。

さらに、何よりも全国どこへでも無料で出張相談に来てもらうこともできます。

調査依頼をするということは、あなた自身には自由になる時間がないという状況が考えられます。

ですから全国のどこにお住まいであった場合にも、ぜひ気軽にFUJIリサーチに無料相談をしてみることをオススメします。

FUJIリサーチならではの特長・メリットや口コミなどについてはこちらのブログ記事を参考にしてください。

>>結婚調査の費用&内容はどこまで?FUJIリサーチの口コミ・評判

結婚するならブライダルサロンで相談!

今回のブログ記事では職場恋愛のメリット・デメリット 成功させるコツについてお伝えしてきました。
女性キャラ(笑顔)

恋愛がうまくいって、彼氏・彼女への愛情がより一層深まってくれば、結婚を意識し始めてくるはずです。

しかしながら、結婚するとなると結婚式場やウェディングドレス選びなどなど結婚式の準備に向けてやらなければならないことは数え切れません。

時間に余裕があるのであれば、自力かつあなたのペースで進めていくこともできますが、職場恋愛をしているカップルであれば時間を作ることは難しいはずです。

そんな時にはブライダルサロンで結婚に関連する悩み・疑問点をまとめて解決してしまうことをお勧めします。

結婚すれば結婚式だけでなく、一生に一度の思い出として新婚旅行に出かけたりするかもしれませんし、海外リゾートで結婚式を挙げるかもしれません。

それに、結婚してから一生身につけていく結婚指輪にもオーダーメイドなどのこだわりを持ちたいですよね。

ブライダルサロンに相談すれば、こうした様々な要望・相談をひとつの窓口で一括して担当してもらえます。

あなたがいろいろなサービスを見比べることなく、ニーズにあったサービス・商品を紹介してもらえますからとても便利です。

ブライダルサロンとしては、マイナビウェディングや楽天ウェディング、できちゃった婚専用のママ婚ウェディングなど数多くあります。

ぜひブライダルサロンを活用しながら、一生の思い出となる結婚式の準備を進めていきましょう。

マイナビウエディング

>>結婚式場探しならマイナビウエディング

女性キャラ(笑顔)

マイナビウェディングであれば結婚式場探しだけでなく、ウェディングドレス・結婚指輪から結婚式の2次会などのプランニングまで一括で任せてしまうことができます。

結婚は人生の大きなターニングポイントですから、転職や転居など結婚式の企画以外にも同時にやらなければならないことが数多く出てきます。

そんな時こそ、結婚に関わるすべての悩み・決めるべき内容をまとめてサポートしてもらえるマイナビウェディングをぜひ活用していきましょう。

こちらではマイナビウェディングを体験した方々からの口コミ・評判を紹介しています。

>>マイナビウェディングの口コミ&評判!サロン情報・2ch評価

もしくは、長い間交際していたり同棲までしていても いつまでも結婚してくれない彼氏に悩んでいるかもしれませんね。

そんな時には、以下のブログ記事を参考にしてみてください。

>>結婚してくれない彼氏とは別れるべき?結婚すると愛情が冷める?

>>同棲しても結婚しない彼氏の理由とは?同棲と結婚の違い